本文へスキップ

我が家の愛犬、親愛なるらブラドールレトリバー、黒ラブメグのホームページです。

created by megumama

黒ラブメグの子犬からのしつけ・トレーニング・お遊び・病気などのさまざまな記録をつづりました。

      
黒ラブメグの部屋へようこそ

突然の発作   黒ラブメグの部屋

2011年3月11日(金)午後2時40分過ぎに東北大震災が発生しました。
おびえるメグの首をつかんで30kgほどの巨体をまるで仔犬をつかむようにしてテーブルの下へ押し込んで、
「伏せ」「伏せ」と叫びながら自分もかがんでしばらく揺れていました。
その後も余震が続きましたが、メグはそわそわと落ち着かない様子でした。

3月16日早朝、ガタガタという音にき気づいて、見るとメグが倒れて固まって動かない!!
息してない!!揺り動かしてみるとやっと意識がもどってハーハーと息があらい。
獣医さんに見ていただいてフェノバールというお薬をのんでおさまりました。

ところが3月17日から4〜5日間、2〜3分間の発作がたび重なり、発作の後は徘徊という繰り返しでした。
徘徊、といっても息も荒く夢中で何かを嗅ぎまわるようにしながら30kgの体ごと突進して、
玄関から下へ転がって壁と傘立ての間に頭ごと突っ込んだり、テレビと壁の間、家具の隙間などに頭をつっこんででいくのです。
それでも無理押しして前に進もうと「ウォー!ウォー!」という声とともにあばれもがくのです。
今思えばその時のメグは痛みや苦しみがあったわけではないのかもしれませんが、
その時は苦しそうにもがき苦しむメグを見る辛さと、30kgの体であばれるメグを抑える事でまいりました。
往診してくれた獣医さんに入院をお願いしましたが、どこの動物病院もこの状態では対応できないと断られました。
その4〜5日間は地震後の計画停電を心配しながらもお買いものへも出れないで、丁度主人の出張中のできごとでした。

闘病の記録

原因は脳疾患(おもに脳腫瘍)だろうということで、検査(MRIや CT)のためには全身麻酔が必要だといいうこと。
しかも結果がわかっても治療や手術ではほとんど助からない現実だと聞きました。

毎日立ち上がろうともがくメグを助けながら歩く練習、排泄の補助などをいたしました。
動きたいという気持ちだけではなく、メグは排泄時にはなんとかして立ち上がろうと必死でした。
一時は歩くこともできるようになったり良かったり悪かったりでしたが、だんだん後ろ足だけでなく前足もおかしくなり、あげくに口が思うように動かなくなり、あんなに食いしん坊だったメグですのに物を食べたり飲んだりが出来なくなってしまいました。
わけもわからず呻くように泣いたり、思うように動けないのでもがいたり、遠吠えのような泣き方をしたりするのですが、どうしてやることもできずに辛い思いが続きました。

獣医さんからは興奮して辛そうな時には落ち着貸せるためにお薬や座薬で眠らせる事を勧められました。
よく眠ってくれている間は介護している私自身もとても楽でしたが、次第にメグは座薬やお薬で眠るのをいやがるようになりました。
メグはお薬を飲んでも睡魔の中でうめき鳴きながらも、なんとか眠らないように1日中頑張ることもありました。
私自身、西洋医学・東洋医学にかかわらずお薬と名のつくものはあまり好きではありません。
ちょっとした病気ではお薬は飲みません。たとえ病院にかかってお薬が処方されてもできるかぎりは飲まないですむ方法を考えたいので、
メグの気持ちがよくわかる気がします。

栄養は注射器を使って口から物をながしこんではいたもののなかなか思うように入らず、6月に入ってからは点滴をはじめました。
もちろん食事はもちろん薬さえも飲めない状態がしばらく続いていましたが、発作は全くおこりませんでした。
獣医さんからは「衰弱して何があってもおかしくない状態です」と宣告されました。

6月5日には嘔吐して胃液がとびだしましたので買い置きしてありましたエビオス3錠を口をこじ開けてのどの奥におしこみました。
飲み込むことができないので錠剤はのどの奥にそのままありましたが、自然に溶けて体内にはいることを期待して祈るようにすごしました。
その翌日より水でうすめた缶詰を注射器を口の奥に突っ込んで注入すると飲み込むようになったのです。

飲ませ方の方法を工夫したのは主人です。そばにいてメグを思う気持ちがとても伝わってきました。
飲み物を口に持っていくタイミングが問題で、元来メグは食欲旺盛な仔でしたからいいにおいがするとクンクンとします。そうすると口は閉じてしまって食べさせられません。
ターゲットはメグが食べたい・飲みたいという意識をしていない時でした。 興奮したり動いたりして息がハーハー言って口をあけて舌が出ている時に口に入れてやると喜んで飲み込むようになりました。
液体から次第にペースト状へとかえて食べることができるようになりました。
バターナイフのような平たい固いものの上に、ペースト状にしたフードをのせてハーハーと口をあいている時にさっとのどの奥に入れるのがコツでした。なので最初は1食分を食べさせるのに1時間ほどかかりました。

処方食の缶詰を使用していましたが、臭いがきついのとカロリー・栄養素などの成分を比較し考えて、
現在まで取り寄せていたオリジナルフードを粉砕したものを水分を加えてペースト状にしてあたえました。
1日分のフードと500mlの水を飲むようになりましたので、6月9日の夜からは点滴はまだ残っていましたがお休みして様子を見ることにしました。
もちろん、あれからずっとエビオスは毎日のませています。
ちなみに、ネット上で調べますとてんかんの発作には酵母がいいらしいと、、でその酵母の薬が1万円以上するとか。
メグの飲んでいるエビオスはおなかの調子が緩めの時に整腸剤として飲ませていましたが、
大きな瓶入りでたしか薬局で1000円もしなかったと思います。

2011年6月23日(木)はメグ10歳のお誕生日

それからのメグは、不自由ながらも食事や水がちゃんととれて自分で起き上がって立って、
ハニカム胴輪が必要ではありますが、歩くことができるようになりました。
認知が少しはいったせいか、わけがわからない行動をして怒ったり吠えたりもしますが、
興奮している時は外へ散歩に歩かせて疲れると帰宅後はゆっくりとよく寝るようになりました。

発作のない平穏な生活をと願っておりましたのが、お薬を飲まないでも発作は起きませんし、
多少認知がはいって扱いに大変ではありますが、少しでも元気なメグに戻ってくれたのです。

わけのわからない行動が多くなってきて、よく思いどおりに出来ないで怒っています。
あまりエスカレートしないように時々気をまぎらせてやる必要があり疲れます。
なにより普段の外出もままならないのが不自由ですが、メグの元気が一番と心におさめておりました。

2011年6月20日(月)夕方のお散歩から帰りがてら裏の家路でみなさんからバナナやお菓子をいただいて、顔の表情は動きませんが嬉しそうにしていました。
帰宅後お風呂場でママに足を洗ってもらってから夕食をがつがつと食べ始めた時に、突然「ウォー!」と苦しみはじめお水やフードの入った食器に前足をかけて円形のサークルによじ登りながら蹴散らかして苦しみはじめました。
なんとかしてお薬を飲ませなくてはなりません。
メグは意識して人の手をかむことはしない仔ですが、口の中へは手を入れることはできませんので、口をあいた瞬間をお薬を投げ込んでしばらくして少しおさまりました。
横になりながら「ヒュー、ヒュー」と息をしながら約7時間あまり、6月21日深夜1時息をひきとりました。

それから翌朝までいつものようにメグと一緒に添い寝をして、頭を腕枕で抱きかかえながら、、、こうして寝られるのもこれが最期なのだ、と自分に言い聞かせて朝までメグといっしょにいました。

メグの食器は今もまだメグが生きている時のように、お友達からメグがせしめてきてとうとう自分のものにしてしまったおもちゃやお買いものごっこのメグ用のバッグといっしょに我が家の居間にあります

バナースペース

チャリティーグッズで盲導犬を応援しよう! 盲導犬サポートSHOP

メッセージフォーム

ご用の方は上記をクリックして
フォームよりメッセージを送信してください

Emailはこちらからどうぞ